toggle
SonicPLUS Center NAGOYA
SonicPLUS Center KYOTO
SonicPLUS Center TOYOTA

プリウスPHV へ ソニックプラスフルシステム取付

2018-09-13

本日はプリウスPHV のご紹介です。


今回は乗り換えに合わせて以前よりご利用頂いていましたソニックプラスを1グレード上にシステムアップ。そしてプロセッサーアンプにサブウーファーとソニックプラスのハイグレードシステムのフルシステムを取付させて頂きました。
以前ご利用されていたスタンダードモデルを気に入って使って頂いていましたが、もっと良い音にしたとのご相談でシステムアップとなりました。

 

フロントドアスピーカーから。ハイグレードモデルはスタンダードモデルと比較すると見た目ではコーン紙が違います。スタンダードモデルに比べ、ハイグレードモデルの方が耐久性はもちろん、強度も優れているのでスピーカーの振幅に負けない、よりクリアで力強い音楽再生が可能になります。

 

高音再生の胆となるツィーターはディフュージョンギャザー、アコースティックコントロールによりフロントガラスの反射音などを制御する事により自然にスムーズで綺麗な高音再生が可能になっています。

 

リアスピーカーです。ハイグレードモデルはスタンダードモデル比べて見えない部分では見える部分より違いが大きいです。マグネットはスタンダードモデルは一般的なフェライトマグネットを採用していますが、ハイグレードモデルはネオジウムマグネットを採用しています。これはカーオーディオメーカーのハイエンドスピーカーで良く使用されているマグネットでフェライトマグネットより4倍以上の磁力があると言われています。また強固なマグネットの磁力を支える為にハイブレードモデルのスピーカーフレームはアルミで製作されています。一般的なスピーカーはスチールフレームなので強度、耐久性ともハイグレードモデルは贅沢に作られています。

 

そしてシート下へサブウーファーを設置。近くに設置する事で音の纏まり感が倍増します。またラゲッジのスペースもそのまま使用出来るので車の使い勝手も変わりません。

 

反対側のシート下にはアンプ内蔵型のプロセッサーアンプを取付。最近のモデルはアンプのチャンネル数も多いのでこれ一台でフロント・リアスピーカーだけでなくサブウーファーまで鳴らす事が出来ます。
また純正では付いていないクロスオーバーやタイムアライメント等の調整機能が増え、イコライザーも数多くの細かな調整が可能になります。
純正ナビ・オーディオの使い勝手はそのままに音を飛躍的に進化させる事が出来るのでオススメです。

 

ご利用頂きありがとうございました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回 取り付けた商品は
=================================================================
トヨタ
プリウス専用 フロントスピーカー
ハイグレードモデル SP-P50M
商品URL https://caraudio.nagoya/toyota/p50/

トヨタ車専用 リアスピーカー
ハイグレードモデル SP-P30RM
商品URL https://caraudio.nagoya/toyota/p50/

カジュアルライン サブウーファー
ハイグレードモデル TBM-SW77i
商品URL https://www.sonic-design.co.jp/catalogs/pdf/CasualLine2017.pdf
=================================================================

 オーナー様目線を大切に取付をしています

ソニックデザインオーナーズクラブ for PRIUS & C-HR 事務局
ソニックプラスセンター 豊田
担当:矢野
〒470-1207
愛知県豊田市鴛鴨(オシカモ)町長根50-1
℡ 0565-27-8880
info@toyota.audio