toggle
SonicPLUS Center NAGOYA
SonicPLUS Center KYOTO
SonicPLUS Center TOYOTA

取付困難な車両(旧車等)のオーディオ取付例

2020-11-30

取付困難な車両(旧車等)のオーディオ取付例こんばんは、名古屋店の宇佐美です。急に寒くなりましたね。寒くなるとピット作業も辛くなるのですが、熱中症になりかける夏よりは大分ましです。頑張ってピットにも冷暖房設備を導入したいと思います。
今日はシボレー/エルカミーノのオーディオ取付のご紹介です。出来るだけ大きな加工無しで音楽を楽しみたいとのご要望を頂き、車両本体に出来る限り手を加えないシステムをご提案させて頂きました。



メインスピーカーはワイドレンジドライバーモジュールUNIT-N52MAを使用し左右のAピラーに固定致しました。このユニットは本来ツィーターモジュールで、ミッドウーファーモジュールと組んで500Hz~1,000Hzでクロスポイントを設定するのですが、ドアの改造を嫌いミッドウーファーを省略してサブウーファーと200Hzで繋ぐ事に致しました。
ちなみに純正スピーカーはダッシュに8センチ径ぐらいのユニットが付いていますが、ダッシュとガラスの隙間が狭く純正以上の大きさのユニットは取付不可なので、無加工では良い音のするスピーカーの取付は出来そうもありませんでした。


シート下も広さはあるのですが高さが無いので、超薄型でソニックデザインスピーカーとの相性もいい、カロッツェリアのアンプ内蔵サブウーファーTS-WH1000Aを使用致しました。ミッドウーファーを省いているのでサブウーファーとの相性は特に重要になります。理想を言えばソニックデザインサブウーファーTBM-SW77iが良かったですが、このTS-WH1000Aも良い音を奏でてくれます。


ヘッドユニットはカロッツェリアDEH-970をお使いでした。このデッキはネットワークモードにすれば細かなクロスオーバー設定が可能になりますし、イコライザーも左右独立で設定できますので、今回のような組み合わせにはありがたいです。通常の組み合わせでは使わない変則的なクロスポイントやスロープ、左右独立設定は大きな力になります。
肝心の音の方は中低音の量感が少しだけ不足するものの、目の前にある小さなユニットのみで鳴っているとは思えない音で、充分に音楽をお楽しみ頂けると思います。

この度はご利用頂きありがとうございました。

ソニックプラスセンター名古屋
担当:宇佐美浩二
℡ 052-325-8908
info@caraudio.nagoya
〒452-0807 名古屋市西区歌里町112番地

────────────────────

姉妹店もよろしくお願いします。

ソニックプラスセンター豊田
担当:矢野
℡ 0565-27-8880
info@toyota.audio

ソニックプラスセンター京都
担当:西川
℡ 075-963-5145
info@caraudio.kyoto