toggle
SonicPLUS Center NAGOYA
SonicPLUS Center KYOTO
SonicPLUS Center TOYOTA

新型フォレスターのスピーカー交換

2019-01-20

新型フォレスターのスピーカー交換こんばんは、名古屋店の宇佐美です。新型フォレスターのオーディオシステム取付を納車と同時にやらせて頂きました。SK系フォレスターの車種専用ソニックプラスは開発中との情報が入っていて、少し待てば発売されそうですが、今回は前車でお使いのUNIT-N52MAに合わせてプレミアムラインスピーカーのシステムをご提案させて頂きました。


前車から載せ替えのワイドレンジドライバーモジュールUNIT-N52MAです。ミッドウーファーが付けにくい車両の場合、これにサブウーファーを付ければ充分に楽しめてしまうぐらい広い帯域を再生できます。フォレスターではツィーターグリルに簡単に固定する事ができました。



フロントドアの純正スピーカーは最近のスバル車と同じ楕円サイズの大型ウーファーです。ここにソニックデザインスピーカーの最高峰、NクラスのUNIT-N70Nを取付致しました。強力なパワーに合わせてバーチ材でインナーボードを作りボルト固定としています。



プレミアムラインクラスのオーディオシステムの場合リアスピーカーは省くこともあるのですが、フォレスターには3人以上乗車する事も多いので、レガシィ用ハイグレードモデルSR-S02Mに交換致しました。フロントスピーカーと同じようにDSPアンプからコントロールしましたので、中低域の量感や広がり感の表現に役立っています。




フォレスターのナビは純正ビルトインでなければ、モニターがベストな位置にこないとの事で、マルチアンプシステム対応のサウンドナビ・プレミアムモデルやサイバーナビX等が選択出来ませんでした。そこでDSPアンプのHELIX P-SIX DSP MKⅡを搭載し音の設定はこちらを使う事にしました。
またUNIT-N70Nはアンプの駆動力も要求するので、お客様お持ちのアナログアンプを反対側のシート下に積んであります。


慣れたせいかもしれないですが、HELIX/MATCHの調整ソフトは非常に使いやすく良く出来ていると思います。自分の考えているゴールに向かってストレスなく音調整して行くことが出来ます。

充分な時間初期エージングしましたが、プレミアムラインのエージング時間は長く、まだまだ良くなっていく途中です。エージングが進んで調整がずれてきたらいつでも再調整させて頂きます。
ご利用いただきありがとうございました。

ソニックプラスセンター名古屋
担当:宇佐美浩二
℡ 052-325-8908
info@caraudio.nagoya
〒452-0807 名古屋市西区歌里町112番地

────────────────────

姉妹店もよろしくお願いします。

ソニックプラスセンター豊田
担当:矢野
℡ 0565-27-8880
info@toyota.audio

ソニックプラスセンター京都
担当:西川
℡ 075-963-5145
info@caraudio.kyoto