toggle
SonicPLUS Center NAGOYA
SonicPLUS Center KYOTO
SonicPLUS Center TOYOTA

新型レヴォーグ(VN系)のスピーカー交換

2021-03-15

新型レヴォーグ(VN系)のスピーカー交換 こんばんは、名古屋店の宇佐美です。今日はVN系レヴォーグのスピーカー交換のご紹介です。レヴォーグに関しては当店にデモカーがある事もあり、多くの方からお問い合わせを頂いております。中には遠方から試聴にご来店された方もいらっしゃいました。基本的にデモカーは常時ございますので、ご試聴やその他の確認はいつでもして頂けます。もちろん他のソニックプラスセンターでご購入の方など、試聴だけでも大歓迎です。



ご購入して頂いたのはスタンダードモデル前後セットSFR-S012Eです。フロントドアの純正スピーカーは形状が楕円の大型タイプですので、ソニックプラスも同じ形状のエンクロージュアを採用しています。箱の容量が大きく重低域の量感も充分です。スタンダードモデルは新開発のGチューナーエンクロージュアは採用されていませんが、癖のない素直な低域の表現で好感が持てました。レヴォーグ専用に音のチューニングがされているだけの事はあると思います。



ツィーターの外部形状も純正に合わせて、VMレヴォーグ用より一回り大きくなっています。ツィーター自体のサイズは18ミリで同じですが、周りのガラス等の反射を抑える部分が大きいせいか、より聴きやすい自然な高音になっていると感じました。



レヴォーグ用ソニックプラス・リアは奥行の深いAタイプエンクロージュアを採用しているので、リアスピーカーからも豊かな低域再生が可能になっています。またドア4枚とも箱付のスピーカーなので外部への音漏れも大幅に軽減されます。よほど大音量にしない限りどんな曲を聴いているのか、ハンズフリーでどんな会話をしているのか、外部からは分からないと思います。


ヘッドユニットは純正の縦長モニター採用のナビ・オーディオです。このシステムでソニックプラスは開発されているので、基本的にフラットでバランスは合います。あとはお聴きになるソフトによって微調整すれば完璧です。

この度はご利用頂きありがとうございました。

VN系ソニックプラスは全モデル品薄が続いています。状況によっては入荷まで時間が掛かる事もありそうです。もしご検討中の方がいらっしゃれば、早めにご相談頂ければ幸いです。

ソニックプラスセンター名古屋
担当:宇佐美浩二
℡ 052-325-8908
info@caraudio.nagoya
〒452-0807 名古屋市西区歌里町112番地

────────────────────

姉妹店もよろしくお願いします。

ソニックプラスセンター豊田
担当:矢野
℡ 0565-27-8880
info@toyota.audio

ソニックプラスセンター京都
担当:西川
℡ 075-963-5145
info@caraudio.kyoto